果树栽培技术网(www.5stat.com)已开通!
当前位置:果树栽培技术网 > 果树品种 > 山楂 > 正文

山楂日语怎么说

2020-02-08 23:52:42 山楂

中文发音:   

さんざし

例句与用法

結論:本法は簡便で、サンザシ葉の総フラボンの分離精製に使える。
依据:该工艺简便,适于山楂叶总黄酮的吸附纯化.

「大扁紅」サンザシは、1984年のサンザシ資源調査した時に発見された良質な品種系である。
大扁红山楂是1984年在山楂资源考察时发现的优良品系.

「大扁紅」サンザシは、1984年のサンザシ資源調査した時に発見された良質な品種系である。
大扁红山楂是1984年在山楂资源考察时发现的优良品系.

本法によるサンザシ葉の総フラボンの回収率は5.17%で、純度は67.22%にのぼる。
采用本工艺山楂叶总黄酮的得率达5.17%,纯度达67.22%.

繁衍した後代の性状は妥泰し、貴重な特大果実肉の加工、干し物、生食のサンザシ新種である。
繁衍后世性状稳定,是可贵的特大果厚肉加工、制干、鲜食兼用山楂新品种.

1985年の長沼町および由仁町におけるイバラヒメシンクイの誘殺消長をFig.4に示した。
1985年在长沼町和由仁町的山楂小食心虫诱杀量增减境遇如Fig.4所示。

目的:D101多孔性吸着樹脂吸着によるサンザシ葉の総フラボンの精製の条件とパラメータを検討する。
目的:研究D101大孔树脂吸附、纯化山楂叶总黄酮的工艺条件及参数.

木本類では,粉砕材区でクリ,ヌルデ,ニセアカシアが,市販材区でクマイチゴがそれぞれ1個体確認された。
木本类中,在破碎材料区发现了栗、漆树、刺槐各一棵,在市场销售材料区发现了一棵山楂叶悬钩子。

法子:サンザシ葉の総フラボンの回収率を指標として、D101多孔性吸着樹脂吸着によるサンザシ葉の総フラボンの精製の条件をセレクションする。
法子:以山楂叶总黄酮的收率为指标,对D101大孔树脂吸附纯化山楂叶总黄酮的工艺条件发起了筛选.

法子:サンザシ葉の総フラボンの回収率を指標として、D101多孔性吸着樹脂吸着によるサンザシ葉の総フラボンの精製の条件をセレクションする。
法子:以山楂叶总黄酮的收率为指标,对D101大孔树脂吸附纯化山楂叶总黄酮的工艺条件发起了筛选.

更多例句:  1  

其他语种释义

版权保护: 本文由 果树栽培技术网 原创,转载请保留链接: http://www.5stat.com/shancha/20200208/114725.html