果树栽培技术网(www.5stat.com)已开通!
当前位置:果树栽培技术网 > 果树品种 > 枇杷树 > 正文

枇杷日语怎么说

2020-01-04 21:39:52 枇杷树

音标:[ pípá, pípa, píba ]   中文发音:   

〈植〉ビワ.

例句与用法

ビワ根にとってphi肥大の増大は土壌乾燥に対する防卫機構の一つと考えられる。
对枇杷根来说,phi肥大的增大能够认为是针对泥土干躁的防卫机制之一。

結論:ビワ葉の医療保健用途はかなり広く、高い研究価値と広い応用の見通しがある。
依据:枇杷叶的医疗保健用途较广,具有较高的研究开发设计使用价值和宽广的应用前景。

加熱速度が20℃/分における空気中でのビワ葉試料に対する実験的溶解曲線などを提示した。
给出了加热速度在20℃/分时,对气体中的枇杷叶试料发起的实验溶解曲线等。

目的:ビワ葉の研究概況を調べ、ビワ葉のGAPの管理诀窍及び産業化開発の研究を実施する為、理論の根拠を提供する。
目的:知道枇杷叶的研究慨况,为实施枇杷叶GAP管理诀窍和产业链化开发设计研究提供基础理论结论。

目的:ビワ葉の研究概況を調べ、ビワ葉のGAPの管理诀窍及び産業化開発の研究を実施する為、理論の根拠を提供する。
目的:知道枇杷叶的研究慨况,为实施枇杷叶GAP管理诀窍和产业链化开发设计研究提供基础理论结论。

ビワ根の内皮側の皮層細胞にみられる細胞壁の內部成長(phi肥大)と内皮のカスパリー線の形成過程を検討した。
对在枇杷根内皮侧的皮层细胞发现的细胞壁的內部成长(phi增厚)和内皮凯氏带的形成全历程发起了研究。

Phi肥大とカスパリー線の形成過程の時間的な差異からみて,ビワ根ではカスパリー線の発達する前にphi肥大がみられた。
从Phi增厚与凯氏带的形成全历程的时间差来看,在枇杷根中,phi增厚在凯氏带发育之前出现。

ビワ育種の現状を述べた上で、実際の生産状況に基づいて、果実の大きいビワの育種目標を提出し、実現するための法子を提案した。
在对枇杷育种现状发起论述的基本上,融合目前出产实际,提出了大果枇杷育种目标及其实现途径.

ビワ育種の現状を述べた上で、実際の生産状況に基づいて、果実の大きいビワの育種目標を提出し、実現するための法子を提案した。
在对枇杷育种现状发起论述的基本上,融合目前出产实际,提出了大果枇杷育种目标及其实现途径.

ビワの葉は肺、胃経に属し、清肺、止咳、降逆、止嘔などの作用があり、肺熱による咳、気逆喘気、胃熱嘔逆、煩熱口渇の治療に利用される。
枇杷叶归肺、胃经,具清肺止咳、降逆止呕作用,用于治疗肺热咳嗽、气逆气喘、胃热呕逆、烦热口渴.

更多例句:  1  

其他语种释义

版权保护: 本文由 果树栽培技术网 原创,转载请保留链接: http://www.5stat.com/pibashu/20200104/113942.html